027-289-5703.

Find a Room

When you want to be our guest ?

群馬県新設住宅着工戸数

バブル期の1990年の約30,136戸から

昨年2023年の約10,061戸まで減少しています

住宅着工戸数に影響を与える群馬県の総人口

世帯数も減少傾向にあります。

一方で、65歳以上の人口は今後も増加が見込まれ

少子高齢化はさらに進むことが予想されています。

注文住宅イメージ
注文住宅イメージ
群馬県における建売住宅の動向

 

新設住宅着工戸数

新設住宅着工戸数は、1990年の30,136戸から2023年には10,061戸まで減少しています。この減少は、群馬県の総人口および世帯数の減少と関連しています1

人口動態

65歳以上の人口は今後も増加が見込まれ、少子高齢化が進行していることが影響しています

 

地価動向

令和2年の地価調査では、全用途の平均変動率は-1.1%となり、下落傾向が続いています

これらのデータは、群馬県の住宅市場における現在の状況と将来の傾向を理解するのに役立ちます。さらに詳細な情報やデータが必要な場合は、群馬県の統計データを提供する公式サイトをご覧ください3。また、国土交通省の住宅経済関連データにも有益な情報が掲載されています

建売イメージ
建売イメージ
群馬県の不動産市場

 

群馬県の不動産市場

群馬県の不動産市場は、令和5年に全用途の地価が平均**-0.8%**で下落しましたが、令和6年には下落率が**-0.4%**に縮小しました

住宅地は中心部で需要が堅調、商業地は主要市で下落率が縮小し、工業地は3年連続で上昇しています。これらの動向は、不動産業者としての戦略立案に役立つ重要な情報です。