群馬県新設住宅着工戸数

バブル期の1990年の約30,136戸から

昨年2023年の約10,061戸まで減少しています

住宅着工戸数に影響を与える群馬県の総人口

世帯数も減少傾向にあります。

一方で、65歳以上の人口は今後も増加が見込まれ

少子高齢化はさらに進むことが予想されています。

注文住宅イメージ
注文住宅イメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA